言葉の力で考え方を変える。

【 言葉の力・オチはやっぱり。。。 】

 

 

こんにちは!

本日は私、スタイリストの郡山からお送り致します!

ところで皆様、幼き頃にはよく『我慢しなさい!』と親や学校の先生方に言われてきたのでは無いでしょうか?

特にそれは、中学2年・高校2年・社会人一年目の夏過ぎ・3年目。中だるみをすると言われる時に多かったと思います。

社会に出て、我慢して私頑張ってるのに・・・と口にしたことはないでしょうか?僕はあります。口に出さずともおもった事は数知れず。。。

 

僕も思ってました。数年前まで、、、いや、、、ある一冊の本を読むまでは。。。

 

本当に必要なのは、

我慢ではなく忍耐であると!

困難に負けず自分と未来を信じるのが忍耐。独りよがりに自分の我に執着するのが我慢…だそうで。我慢してるとそれが顔に出る。言葉では謝ってる。頭も下げてる。でも自分は絶対間違ってない……って顔。だって忍耐力って言葉はありますが我慢力なんて言葉ありませんよね。どうしてか…どんなに我慢しても我慢=自分が正しいと思ってる限り本当の力はつかないからだそうです。

この言葉を聞いた時に、我慢ではなく忍耐力をつけることに!!

精神論ではありますが、やはり思うことで人の言葉の受け止め方の違いが人の成長速度を変えるものだと実感しました!

日本語って難しいけど理解を深めて使うことに意味があると!そういう郡山からのお話でした!

 

追伸

最高の一冊という事でしたがそれはバーテンダーの20巻でした!

全巻オススメです!

特にサービスを提供を生業としてる方には!!

日々成長!日進月歩!!

【関連記事】

趣味が人を成長させる

 

 

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜fin〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 

SAKURA【サクラ】
東京都神宮前5-46-16-2F
☆東京メトロ「表参道」駅/徒歩5分
☆「明治神宮前」駅/徒歩10分
営業時間  平日11:00~21:00/土日、祝日10:00~20:00

お電話でのご予約も承っております☆

03-6427-6717

ネット予約が×の場合もお電話にてお問い合わせください。