古き良きは時代に左右されない 其の弐

【 味良し、美容効果絶大・長年愛される理由? 】

 

 

三寒四温の季節ですね!

ぽかぽか陽気に誘われてハッピーな人も増えて来ているのではないのでしょうか?

ん?アンハッピーな方も急増中?

今年はすごいとよく耳にしますね。

私も外に出るとふとくしゃみが出ます。

花粉症ではございません。

声を大にして言わせていただきます!

春に郡山の噂をするのはほどほどにしてください!

こんにちは。

スプリングラバー 郡山よりお届けさせていただきます!

 

過去にこんな記事を書いたのですが覚えていますか?

【過去の良記事】

古き良きものは時代に左右されない

 

本日はその第2弾でございます!

『糀』(こうじ)

についてお送りします!

 

・糀とは?

「こうじ」を表す漢字は2種類あります。
こうじは、米、麦、大豆などの穀類でつくりますが、
それらのこうじ全般を表す漢字として、現在では主に『麹』という字が使われています。これは中国から伝わった漢字です。

もうひとつの『糀』という字は、
明治時代にできた国字(和製漢字)で、米糀のみを表します。

米糀は、蒸し米に麹菌をつけて発酵させたものです。

 

・糀を使った調味料 『塩糀』の効果

 

塩糀で疲労回復や健康的な肌づくり

塩糀には、美肌に最適と言われるビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB1は、疲労回復や脳を活発にする重要な働きをする成分です。神経機能を正常に保つ効能もあり、イライラした気持ちを抑えてくれる効果があります。

また、ビタミンB2やビタミンB6には細胞の再生を促す効能がある栄養で、健康な肌や髪の毛などを作る働きがあり、口内炎の予防にも有効です。

GABAも含む塩糀

塩糀に多く含まれているGABA(ギャバ)は、ガンマアミノ酪酸とも呼ばれるアミノ酸の一種です。

抗ストレス成分であるGABAは、興奮して高ぶる神経を抑える効能があり、リラックス効果や快眠をもたらしてストレスの緩和に効果があります。

また、血圧を下げたりコレステロール値や中性脂肪を抑える効能もあります。

日々のストレスが気になっている方は、積極的に調味料として塩麹を使い、GABAの摂取をすすめします。

ビフィズス菌のエサに

塩糀に多く含まれているアミラーゼという酵素は、米のデンプンを分解していく過程でオリゴ糖を生成します。

オリゴ糖の効果や効能は、善玉菌であるビフィズス菌を増やすに重要です。オリゴ糖を摂取することで腸内のビフィズス菌が増え、免疫力を上げることもできます。

そして、塩糀に含まれる酵素が消化をサポートし、胃腸の負担を軽減する効能も得られます。

善玉菌が増えことでお腹の調子を整えたり、便秘や下痢などの症状を緩和や改善が期待できます。

α‐エチルグルコシドの効能がすごい!

日本酒の主成分でもあるα‐エチルグルコシド(α‐GC)は、麹菌から発生する成分です。そして、この成分は麹を使う塩麹にも含まれています。

α‐エチルグルコシドは、低濃度でも水分を保持する効能があるため、外用、塗布、飲用など、どのような形で利用しても、保湿に重要なコラーゲンを増やすことができます。

また、水分の保持機能に即効性があるため、短時間で肌の保湿効果を発揮してくれることがわかっています。

近年、これらの作用や効能やを利用して、スキンケア商品や美容機能食品に使われることが増えています。

 

と、さらっと調べただけでも様々な効果効能がありました!他にも、生活習慣病予防や肌の美白効果なども期待できるそうです!

 

私も塩麹をメイン調味料として使用してますが効果効能よりもまずは食材が美味しくなることで使ってます!

美味しい上に健康で美容にも良いとなると使わない手は無いのではないでしょうか?

糀屋は、300年以上続くお店もあります!

古き良きを信じてライフスタイルの中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

使って頂いた方は是非感想をお聞かせ頂けたら幸いです!

 

古き良きを探して今後、其の参やりたいと思いますのでご期待ください^_^

【おススメ記事】

春来ないで~~!という方

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜fin〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SAKURA【サクラ】
東京都神宮前5-46-16-2F
☆東京メトロ「表参道」駅/徒歩5分
☆「明治神宮前」駅/徒歩10分
営業時間  平日11:00~21:00/土日、祝日10:00~20:00

お電話でのご予約も承っております☆

03-6427-6717

ネット予約が×の場合もお電話にてお問い合わせください。